【用語】金融商品って?日本の法律上、金融商品取引法(旧証券取引法)によって定義されている認識。有価証券だけではなく外貨取引・金融デリバティブなどを包含する考え方。
ムーディーズなどの信用格付機関による格付けを使用する理由(魅力)は、難しい財務資料を読む時間が無くても評価された金融機関の財務に関する健全性が判別できる点にあります。ランキング表を使えば2つ以上の金融機関を比較することも可能なのだ。
【解説】FX:業者に補償金を預託し、外国の通貨を売買することで利益を出す取引である。外貨預金や外貨MMFなどと比較して利回りが良く、さらに為替コストも安いという特徴がある。FXに興味があれば証券会社またはFX会社で相談しよう。
損保会社の業界団体である日本損害保険協会は、わが国の会員である損害保険業者の正しく良好な発展、加えて信頼性を伸ばすことを図る。そして安心さらに安全な社会を実現させることに寄与することが目的である。
【解説】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:margin Foreign eXchange trading)は限られた資金(証拠金)しか準備できなくてもとてつもない金額での取引できます。しかし得られる儲けが大きくなることとあわせて損失もとてつもない金額になる可能性があり、まさにハイリスク・ハイリターンの商品といえる。
簡単紹介。金融機関の格付け(信用格付け)というものは、格付会社が金融機関、そして国債・社債などの発行元に関する、信用力(債務の支払能力など)を基準・数字を用いて評価します。
株に投資するからといって、株式だけを注意しているのでは、為替市場の変化が響いて株価に変化があった場合、その変化の原因に気づくことができず、その後の投資に対応できないだろう。
個人ではなく、企業体で投資を行っている大口の投資家である機関投資家としての立場で、保険会社などの金融機関が企業として非常に大規模な資金投入を行なう場合もあり、各種の機関投資家が運用している投信(一般的には投資家から委託を受けた資金の運用を機関投資家が代行する)への巨額な資金の流入も実施されている。

 

リクルートカードTOPへ