設立40周年を超えた認可法人預金保険機構の支払う現在の補償額は"預金者1人当たり1000万円"ということ。この機構は日本政府及び日本銀行さらに民間金融機関全体の三者がが大体3分の1ずつ
すでにわが国内で営業中の銀行等は、既にグローバルな規制等が強化されることも視野に入れて、財務体質を一層強化させることや企業同士の合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに活発な取り組みが行われています。
平成10年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌していた業務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するもののセクションを区分して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく新外局として金融監督庁という特殊な組織をつくりあげたという歴史がある。
よく聞くコトバ、外貨預金の内容⇒銀行で扱う外貨商品を指し、円以外の外国通貨によって預金するもの。為替変動によって利益を得られるけれども、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。
【経済用語】金融商品⇒法令上、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法(金商法)の条文により、規定されたとらえ方なのであって、有価証券以外に外貨取引や金融デリバティブなどを組み入れて考える。
【常識】ファンダメンタル分析について⇒株式銘柄および取引市場における根本的な情報などを分析し、見通そうとする手法です。先物取引だとか為替では、経済や金利、製品とか賃金、経営の全般的な状況に着目します。
【トラブル】「投機」という手段は、株式を売買する会社などの内容などとはちっとも関係無い取引で、株価が上がれば売り、下がれば買うを繰り返すことを続けてキャピタルゲインという“利ざや”目的の株式投資の手法です。

 

 

リクルートカードTOPへ