【解説】「投機家」または「トレーダー」が、そうでない人が行う一般的な「買い」に加え、さらに空売りという手法による「売り」からも入るという事実に比べて、いわゆる「プロ」でない人は必ずと言っていいほど、買いの注文から入るものである。。
株に投資するからといって、株式のことだけを注意していると、為替の動向が原因で株価が変動した際、その変化の理由がわからず、その後の変動に対処できない可能性が高いのである。
【解説】金融ビッグバン⇒我が国で平成8年から21世紀最初の年となった2001年(平成13年)までの間に展開された全国的な歴史的な金融制度改革を宇宙誕生に例えた経済用語なのです(日本版ビッグバンともいわれる)。
【用語】為替の数字の動き目ざとく反応できる手軽な投資商品であれば、外貨預金(外貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用して利益を求める投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)などが挙げられる。
昭和48年に設立された日本証券業協会は、こんなところです。国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の株券や債券など有価証券に係る売買等の際の取引等を厳正に加えて円滑にし、金融商品取引業界全体が堅実なさらなる振興を図り、投資者を保護することを事業の目的としているのだ。
身近な株式投資関連の企業や個人のホームページ、ブログ、だとか、市販されている雑誌では、過去に実際に起きた動向から、今後の動きについての予想を行うテクニカル分析が不可欠としているものが多く、いろいろな種類のチャートの見方、分析方法などを実に丁寧に紹介している。
【ポイント】ネット証券の出現によって各種取引に支払う証券会社等への売買などの手数料は、ここ数年で数百円くらいに下がり、思う存分取引とか情報収集が不可能ではない時代に遂になったということ。
タンス預金⇒物価上昇(つまりインフレ)の局面では、価格が上がった分お金の価値が目減りするということである。当面の生活に必要のないお金だったら、安全で金利が付く商品にした方がよいだろう。

 

 

リクルートカードTOPへ