page4記事一覧

株ならばしっかりと関わり合っている商品なら、投資信託とか株式などがあるのです。こういった商品のことも研究して投資することで、きっと株の動向を肌で感じることができるようになる。【金融商品】株式投資すると、株式発行した企業が業績を伸ばすことで、結果としてインカムゲイン(和製英語: income + ga...

【解説】「投機家」または「トレーダー」が、そうでない人が行う一般的な「買い」に加え、さらに空売りという手法による「売り」からも入るという事実に比べて、いわゆる「プロ」でない人は必ずと言っていいほど、買いの注文から入るものである。。株に投資するからといって、株式のことだけを注意していると、為替の動向が...

設立40周年を超えた認可法人預金保険機構の支払う現在の補償額は"預金者1人当たり1000万円"ということ。この機構は日本政府及び日本銀行さらに民間金融機関全体の三者がが大体3分の1ずつすでにわが国内で営業中の銀行等は、既にグローバルな規制等が強化されることも視野に入れて、財務体質を一層強化させること...

【経済用語】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、取引主体間の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のなかでとくに有名な市場では、例えばインターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う市場。取引参加者は金融機関に限定。取引短資会社が仲介している)の"外...

【用語】金融商品って?日本の法律上、金融商品取引法(旧証券取引法)によって定義されている認識。有価証券だけではなく外貨取引・金融デリバティブなどを包含する考え方。ムーディーズなどの信用格付機関による格付けを使用する理由(魅力)は、難しい財務資料を読む時間が無くても評価された金融機関の財務に関する健全...

【投資商品】株式累積投資:株式をよくある積立のように定期的に購入可能な株式累積投資(るいとう、指定した銘柄を、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株の価格の極端な変動を抑えることが可能なドルコスト平均法を利用しているので、株式の購入価格を平均化することによって取引のリスクを低減が可能だ。【ポイ...

平成20年9月のこと。アメリカで最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースが世界中を駆け巡った。この出来事が全世界を巻き込んだ金融危機の引き金になったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたのである。抑えておきたいポイント。株式とは、社債などと異なり、出資...

【トラブル】ETF投資の際のリスクは、概して(1)投資対象の価格についての変動リスク(2)信用リスク(OTCデリバティブ取引などに投資する場合)(3)その他のリスク(市場急変時の運用困難など)といったものがあります。(2)のリスクの内容は取引によっては非常に注意が必要です。【解説】カバード・ワラント...

難しいけれど「ロイズ」って何のこと?イギリスのロンドンにある世界的に著名な保険市場なのです。イギリスの法による法人とされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もある。覚えておこう、FXとは、最近利用者が多い、外国の通貨をインターネットなどを利用し...

【経済用語】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行う売買手法)のうちでも、数分、短ければ数秒の間に1,2ティック株価が上下するだけでも売買するやり方のことを称して「スキャルピング」(scalping、「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」)と呼んでいます。日付が変わらな...