【用語】ペイオフというのは、防ぐことができなかった金融機関の経営破綻が原因の倒産をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護される個人や法人等、預金者の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う制度です。
よく聞くコトバ、外貨両替の内容⇒例えば海外へ旅行にいくときもしくは手元に外貨がなければいけない、そんなときに活用する。しかし日本円に不安を感じて、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
【常識】株式投資では、ほとんどの場合信用取引ではなく現物取引(投資金額を限度とした取引)でのある程度長期的な投資をするようなスタイルを利用すれば、大きすぎるリスクを背負うことのない安心な状態で投資することができるのです。
【金融の歴史】金融ビッグバンとは、20年近く前に日本で村山内閣が退陣した1996年から中央省庁が再編された2001年までの間に展開された記憶に鮮明な金融制度全体にかかわるわが国では初めての抜本的な金融制度改革を宇宙誕生の現象になぞらえた経済用語です(日本版ビッグバンともいわれる)。
【用語】eワラントは、権利の対象になっている原資産を証券化(広く資金を集めることができる)した金融派生商品(例:くりっく365など)のひとつであって、アメリカのゴールドマン・サックス・インターナショナルの発行するカバード・ワラント(コール型とプット型がある)のことを指します。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債であったり短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)である。注意が必要なのは、取得後30日未満に解約するような場合、もったいないけれど手数料にペナルティが課せられるというルール。
将来を見据え日本国内に本部のあるほとんどの金融グループは、強い関心を持ってグローバルな規制等が強化されることもしっかりと視野に入れ、財務体質等の一段の強化、さらには合併・統合等をも取り入れた組織再編成などに積極的な取り組みが始まっています。
【経済用語】ファンダメンタル分析という手法は、株式銘柄であったり取引市場における根本的な情報の分析をする手法です。先物、為替では、経済や金利や製品、さらに賃金といった、企業経営の全般的な状況に注目します。

 

 

リクルートカードTOPへ