ADR

【ポイント】金融ADR制度とは、増加する金融関係の分野についての裁判以外の紛争解決制度(ADR)です。政府、金融庁でも金融機関と利用者との間に発生した紛争を簡単・短期に処理する方法であると確信されている。
【経済用語】スキャルピング:デイトレード(1日に1回もしくは複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法)の中でも、さらにわずか数分の間に1,2ティック値動きしたことを察知して売買や反対決済を行う方法を指して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも)という。
【解説】株式累積投資:株式をまるで積立のように一定間隔で購入もできる株式累積投資指定した銘柄を、定期的に定額で買い付けることができる商品)は、株の価格の激しい上下を抑えることができるドルコスト平均法を利用しているため、、株の購入価格を平均化することでリスクの発生を低く抑えることができるということ。
総論。金融の世界では、生産販売や設備投資など具体的な経済活動が伴う実体経済に向けての資本投入にまた立ち戻っていきますから、短期決済を繰り返さず長期投資でわが国の実体経済、経済成長を投資によって拡大させていきましょう!
【ポイント】「投機家」または「トレーダー」と呼ばれる人たちが当たり前の「買い」に加え、空売りという手段による売り注文も行うという結果に対し、いわゆる「プロ」でない人は理由がなければ、「買い」から入るものである。。
【知っておきたい】REITとは。不動産投資信託(不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品で証券のものなど)を指す言葉なのだ。例外的に、いわゆる投信法に基づく日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと指す場合がある。
【ポイント】アセットアロケーションに関する知識。投資配分(投資配分)というのは一度決めてそれが終了ではないのです。出来上がったアセット(資産)アロケーション(配分)の運用状況をいつも分析し続けることが必要なのです。
結局「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」の3つの大きな機能の総称を銀行の3大機能と呼ぶことが多く、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、そして銀行自身が持つ信用力によってはじめて実現できているのです。

 

リクルートカードTOPへ