【経済用語】テクニカル分析:株式と商品取引そして為替等の扱われる取引市場において、過去にあった取引における時間ごとの動きから、今後の市場の取引の変化について予想そして分析しようとする手法である。
日に何度も売買注文を繰り返すという方法である「デイトレード」。これに対して、1日ではなく、10日程度の短期的な数日間の持ち越しをする手法を「スイングトレード」(さらに長くなると「ポジショントレード」)と呼びその日のうちに何度も売買を注文するデイトレードとは区別されている。
よくある株式投資に関連した企業や個人のサイト、ブログ、であったり、市販されている専門誌などでは、テクニカル分析(過去の実際の動向から、今後の動きについての予想を行う分析法)を重要視しており、分析に必要なチャートの分析方法とか活用方法などについて細かく案内・説明しているものが多い。
【用語】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を出発点に展開された経済学)においては、投資家による投資はその後の追加投資で予想できる利潤率(その資本の限界効率)が利子率(貸借に対する金利・利息)に及ぶまで続けられるものとされているのだ。
西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)からさらに金融制度の企画立案事務を移管させて1998年に発足した金融監督庁を新組織、金融庁として再スタートさせた。21世紀となった平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長にするとされている新しい組織である金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に3年弱配されていたわけです。
格付け機関による金融機関格付の公開の果たしている役割は、やさしく要約すると、「複数の情報の非対称性を少なくさせる」、この効果で「金融市場の動きを円滑にする」という作用が生まれると断定することが可能である。
【経済用語】コール市場という市場は、銀行間取引である1年未満の資金貸借を行う短期金融市場の代表である。この場合の「コール」は「call(呼ぶという意味)」で、呼ぶとすぐに返事が返ってくるくらい期間の短い貸付をするため、こう呼ばれています。

 

 

リクルートカードTOPへ