page3記事一覧

総論。金融の世界では、資産経済ではなく、具体的な経済活動が伴う実体経済に向かって資本投入することに最終的に立ち戻っていきますから、資産をじっくりと育てる長期投資でわが国の経済成長をさらに増強させていこう。この「銀行の運営がどうなるかは銀行自身に信用があって発展するか、そこに融資する価値がない銀行であ...

必ず投資が必要とされるのは、経済そして経営主体が、自己資本に、追加できる他人資本を調達することで、より大規模な投資の機会に投資ができるということだからなのだと考えられている。【株式】「仕手」はご存じのとおり、一部の投資家が意図をもって株式価格の値上げ(または値下げ)を狙う投機手段である。この「仕手」...

【紹介】先物取引を分析すると、「証拠金制度」という制度を取り入れている金融商品なのです。だから少ない資金からでもすぐに取引が可能です。だからハイリスク・ハイリターン型の投資スタイルも実現できるのだ。【常識】TOPIX(東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数)に連動しているETFを購入して取引する...

【経済用語】テクニカル分析:株式と商品取引そして為替等の扱われる取引市場において、過去にあった取引における時間ごとの動きから、今後の市場の取引の変化について予想そして分析しようとする手法である。日に何度も売買注文を繰り返すという方法である「デイトレード」。これに対して、1日ではなく、10日程度の短期...

忘れてはいけないのは、金融システムとは経済における言ってみれば動脈であるから、我が国経済の完全再生、活性化のため、さらには不良債権問題の解決しつつ、抜本的な構造改革を実現させることができる、より強固で安定的な金融システムの新構築が重要。【ポイント】金貨:代表的なものではカンガルー金貨(オーストラリア...

【金融の基礎】eワラントって?満期の際の権利の対象になっている資産を有価証券として発行した金融派生商品(リスク回避のために開発された)なのである。ゴールドマン・サックスが発行したカバード・ワラン(Covered Warrant)トのことを指します。原則「銀行の経営がどうなるかは銀行の信用によって発展...

【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債、短期金融資産などの運用で利益を得る投資信託です。注意:取得後30日未満で解約した場合、その手数料に違約金も合わせて請求されるというものである。このごろは「フツーの」ビジネスマンとして投資は常識なのです。株式などの金融市場での投資は資産が殖やせ...

【ポイント】金融ADR制度とは、増加する金融関係の分野についての裁判以外の紛争解決制度(ADR)です。政府、金融庁でも金融機関と利用者との間に発生した紛争を簡単・短期に処理する方法であると確信されている。【経済用語】スキャルピング:デイトレード(1日に1回もしくは複数回の取引を行い、細かく利益を積み...

つまり「失われた10年」という言葉は本来、国の経済や地域における経済活動がほぼ10年以上の長きにわたって不況や停滞にぼろぼろにされた10年を表す語である。名言「銀行の経営がどうなるかは銀行の信頼によって軌道にのるか、そうでなければ融資する価値がないものだという見方をされて繁栄できなくなる、このどちら...

【用語】ペイオフというのは、防ぐことができなかった金融機関の経営破綻が原因の倒産をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護される個人や法人等、預金者の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う制度です。よく聞くコトバ、外貨両替の内容⇒例えば...