もしも、投資などの勉強や情報収集がやりたくないとか、どうしても時間が少ない人は、金融の専門家に資金運用を任せるか、必要な勉強や情報収集がそこまでは重要ではない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)の売買を選ぶのが常識。
【用語】「投機」の仕組み⇒取引する会社などがどのような業務内容・経営状況なのかなどとは何も関係無い取引で、単なる売買を繰り返すことを続けてキャピタルゲインという“利ざや”目的の株式投資の手法なのだ。
【常識】ネット証券の登場によって各種取引に必要な売買などの手数料は、近年は数百円くらいまで下がり、心置きなく取引とか情報収集ができる時代になったのです。
【トラブル】資産配分:許容ができる金額に応じて投入可能な資金を商品の特性が違う少なくとも二種類以上の金融商品に割り振って投資する手堅い手法のことを、アセット(Asset :資産)アロケーション(allocation:配分)と定義しているのである。
【知っておきたい】TOPIX(トピックス)に連動させたETF(証券取引所で取引される投資信託)を購入・取引すること=東京証券取引所一部株式公開中の全ての銘柄を保有するのと全銘柄を購入するのと成果が予想可能です。
中国で四川大地震が発生した2008年9月15日に、アメリカの格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースに世界が驚いた。この事件が歴史的金融危機の原因となったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれることになったと言う経緯がある。

 

 

リクルートカードTOPへ