【経済の基礎】スキャルピング:デイトレード(1日に複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法)のうちでも、さらに数秒単位や数分単位の間でわずかな値動きするのを認識したら売買も反対決済も行う手法のことを指して「スキャルピング」(scalping)というのである。
金融当局である金融庁としては、原則として市場ルールや投資家自らによる自己責任原則を基本とし、的確なルールに基づいた透明かつ中立的な行政の執行を徹底するために、特に専門性の高い検査や監督を実施しているのである。
【投資】REITとは。不動産への投資信託(不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品で証券のものなど)を意味している日本の金融用語であります。しかし、日本の法律を根拠とする日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと指す場合がある。
【基礎】ファンダメンタル分析という手法は、株式銘柄や取引市場における根本的な情報、状況を分析し、見通そうとする手法である。先物取引とか為替では、経済や金利さらに製品や賃金などの企業状況に注目。
【動向】株の売買を調べると、個人投資家の利用している取引形態は、実際に証券会社の窓口の利用、営業マンに依頼する人間同士が顔を合わせる取引よりも、ネットを経由したオンライントレードによる取引のほうが盛んだ。
【説明】金融商品の基礎。わが国の法令上、金融商品取引法(昭和23年4月13日法律第25号)によって定義されている意義なのである。この場合有価証券・外貨取引・金融デリバティブなどを包含して考える。
すでにわが国内においては、どんな銀行でも、早くから国際的な規制等の強化も考慮し、財務体質の一段の改善、あるいは合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに積極的に取り組んできています。
FX⇒これは外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す比較的はじめやすい取引。ほかの外貨預金や外貨MMFより利回りが良いことに加え、為替コストも安いという特徴がある。はじめたい人は証券会社やFX会社へどうぞ。

 

 

リクルートカードTOPへ