Y2Kともいわれた西暦2000年7月、旧大蔵省より大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を移管させて平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に改編。翌2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったのである。
麻生内閣が発足した平成20年9月のことである。アメリカの老舗であり名門投資銀行グループのリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したことは記憶に鮮明だ。この出来事が歴史的金融危機の原因となったので「リーマン・ショック」と呼ばれたのだ。
【用語】株式への投資で、株券を発行した企業が発展することによって、良い影響がありご存じのインカムゲイン(和製英語: 株式の配当金・利息で得られる収入)という利益を手にすることができる。
15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局が所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分のセクションを分離して、総理府(当時)の外局、金融監督庁なるものを設けたという。
金融当局である金融庁としては、市場のルールや当事者による自己責任の原則を基本とし、正確ななルールに基づく透明かつ公平な金融行政を進める必要があるため、専門性の高い検査と監督を実施しています。
【経済の基礎】ファンダメンタル分析という技術は、銘柄とか取引市場における本質的な情報分析をする手法です。先物取引とか為替市場では、経済や金利や製品、賃金など、企業の全般的な状況に注目。
市場の金利の動きに素早い反応をする手軽な金融商品であれば、安全かつ確実に貯めたい人向けの貯蓄型の定期預金、積立定期(積立ごとに満期を迎える)というような銀行預金とか個人向け国債(変動・固定金利を選択可能)といった商品などが該当するでしょう。
投資というのは、経済的な意味で、未来の資本(資金・生産能力)などを増加・補強させる目的で、現時点の資本(金銭や株式など)を投じる活動を意味します。ただし、広い意味では、自己研鑽や人間関係についても使われている。

 

 

リクルートカードTOPへ