外国で株式市場とか不動産に投資すると、株式などの投資を行った国のマスコミや市場で「外国人投資家」と偏見を込めて呼ばれて、折あるごとにその国の投資家の存在をしのいで動向がクローズアップされるケースもあるのだ。
1日だけで何度も売買するという作戦の「デイトレード」。これに対して、2日以上10日程度までの短期的な日数の持ち越しの方法を「スイングトレード」(数週間程度に長くなると「ポジショントレード」)という名前で呼んで1日の取引で何度も売買注文を繰り返すデイトレードとは区別するのである。
【解説】金融ADR制度とは、金融に係る分野について裁判以外の紛争解決制度。政府、金融庁でも金融機関の商品やサービスに関する紛争を短時間、低コストで決着させる方法と位置づけている。
未来のためにも日本国内における銀行等は、既に国際的な金融規制等(市場や取引)が強化されることも視野に入れつつ、財務体質の一段の改善だけではなく、合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに積極的に取り組んできています。
政府及び金融当局としては、原則として市場ルールや自己責任原則を基本としたうえで、的確なルールに基づく透明かつ中立的な行政を進めるために、専門性の高い検査及び監督を常に行うのです。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスの内容⇒開設している銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座の間において、株式等の購入資金、売却益が自動振替してくれる便利なサービス。同一金融グループによる顧客の囲い込み作戦なのだ。
今後、安定的で、なおかつパワーにあふれたこれまでにない金融に関するシステムの構築を実現させるためには、銀行など民間金融機関と政府がそれぞれの抱える解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければいけない。
一般的にペイオフって何?突然の金融機関の破綻のとき、預金保険法により保護することとされた預金者(法人等も含む)の預金債権について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事である。
【ポイント】金融機関格付の長所を単純に集約すれば、「複数の情報の比較できない部分をなくす」という効果があり「金融市場の動きを円滑にする」ことだと自信をもって断言可能です。

 

 

リクルートカードTOPへ