【ポイント】ネット証券の登場があったことで取引に支払う売買などの手数料は、近年はなんと数百円くらいまで下がり、心置きなく誰でも取引および情報収集などが可能になったのです。
【ポイント】金融ビッグバンの意味⇒20年近く前に日本で村山内閣が退陣した平成8年から小泉内閣が発足した2001年まで行われた全国的な歴史的な金融制度の改革を意味する経済用語ということ(日本版ビッグバンともいわれる)。
市場の金利の数字に鋭い反応を示す取引しやすい商品を挙げるとするならば、安全かつ確実に貯めたい人向けの貯蓄型の定期預金であるとか積立定期でも知られる銀行など金融機関への預金、個人向けの国債といった商品などが挙げられるでしょう。
【重要】アセットアロケーション:金利や株そして為替は密接に関わり合っており、3つの市場の動きを注目することが肝要。投資しようとする金融商品だけではなく、他の商品にも必ず資産を分散してうまく投資することが一番大切です。
【解説】金融機関格付の持つ意義とは?わかりやすく要約するとすれば、「多くの情報の比較できない部分をなくす」という効果で「情報によって金融市場の取引等を活発にする」ことなのだと躊躇なく言うことができるでしょう。
覚えておこう、外貨両替のメリットデメリット。海外旅行にいくときもしくは外貨を手元におく必要がある場合に活用されている。最近は日本円に不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
ここ数年は投資信託の対象の中でも、コストを抑えることができる販売手数料が無料のノーロード型または、定期的に収益が分配される分配型、あるいは指数連動だから値動きがわかりやすいインデックス型(指数(インデックス)に連動)などが非常に注目を集めている。
機関投資家(企業で投資する大口の投資家)としての立場でも、関連する金融機関などが組織ぐるみで大がかりな資金投入をすることもあり、信託会社や保険会社など機関投資家が運用する投資信託(一般的には投資家から 委託を受けて運用を機関投資家が代行する金融商品)への大規模な資金流入も進んでいるのです。

 

 

リクルートカードTOPへ