【金融用語】アセットアロケーションについて⇒投資配分は一度決定したものがおしまいではありません。組み立てたアセット(資産)アロケーション(配分)の状態をいつも調べ続けることが一番大切になります。
ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)が自前でファンドを発売し、それを適切に運営するためには、気の遠くなるほど大量の、業者が「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が事細かに定められている。
【トラブル】金融商品あるいはサービスには、どうしても、商品やサービスの性質上、商品やサービス自体に投機的な性質が内在していることから、投資者が金融商品やサービスに投資をする者は、そのような危険性が必ず存在することを前提にして取引が常識である。
【解説】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を中心に展開された経済学)の中で、投資(investment)はその後の追加投資で予測できる利潤(利益となる)率が利子率(金利あるいは利息)に到達するところまでされるといわれている。
【知っておきたい】資産配分:許容することが可能なリスクに応じて投入する資金を商品の特徴が異なる2つ以上の商品に割り振って行う投資手法のことを、アセットアロケーション(資産配分)と言うのです。
覚えておこう、スウィーブサービスとは?⇒預金口座と証券の取引口座の口座間で、株式等の取引で発生するお金が自動振替してくれる便利なサービスである。同一金融グループによる顧客の囲い込み戦略である。
自分の国以外の株式であったり不動産に投資している投資家は、株や不動産の投資を行った国の人々から「外国人投資家」と偏見を込めた呼び名で、繰り返しその国の投資家の存在を超えて存在などがクローズアップされる時もあるのだ。

 

 

リクルートカードTOPへ