資産を運用して利益をあげようとすれば、誰でも危険性も背負う必要があるわけだが、千差万別な投資の種類や投資スタイルをきちんと選ぶ事で、いくらか危険性を避けることが実現可能なのだ。
つまり金融の分野における投資の意義というのは所有する様々な資本を経済や経営活動を通じてリスクの存在する投資の対象に投入することと言える。投資を行う対象には多様なタイプの投資資産があるのだ。
【投資の前に】カバード・ワラントに関する知識。ゴールドマン・サックスで有名なeワラント(対象原資産を証券化した金融派生商品)であったりポケ株ワラント(株そのものを買うのではなく株を売買する権利)などの分かりやすい商品があり、基本的にはささやかな資金から売買可能なポイントが大きな魅力であります。
【投資の前に】金融商品そしてサービスには、どうしても、その性質上、商品やサービスに危険性が内在するから、投資者が金融商品やサービスに投資する場合は、そのような危険性があることを知ったうえで取引を行うのが当たり前。
銀行や証券会社が密集している兜町のイメージでもある東京証券取引所(1949設立)の 隣(南側)のブロックに、3大メガバンクのひとつ、みずほ銀行兜町支店が建っているのです。太陽暦が導入された明治6年、まさにここに日本初の国立銀行の「第一国立銀行」が産声を上げたのである。
運用のための費用は大体0.1〜1%程度。だからインデックスファンド(市場の商品価格、商品指数などの指数(インデックス)に連動)を含めて一般的な投信に比較してみて低く設定されていて、長期投資希望の方に向いている商品と言われます。
よく聞くコトバ、バブル経済(80年代から91年)の意味は市場価格の動きが大きい資産(例:不動産や株式など)が過剰な投機によって実経済の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指します。

 

 

リクルートカードTOPへ