【常識】コール市場という用語は、銀行間取引のひとつで短期金融市場の代表といえる。この場合の「コール」は英語の「call」で、呼ぶとすぐ返事が返ってくるぐらい短期間の融資をするため、この名で呼ばれているのです。
【経済の基礎】テクニカル分析は、株式や商品取引、為替等の取引において、これまでに出現した実績におけるパターンから、今後の価格の動きについて予想そして分析しようとする方法なのだ。
【常識】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行う売買手法)のうち、数分(秒)の間に数回の値動きするのを認識したら売買も反対決済も行う方法を称して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも)と呼びます。
金融庁では市場の自発的な規律と投資家自らの自己責任の原則を根本的な考え方としたうえで、正確ななルールに基づく透明かつ中正な金融行政を実行することを目標に、特に専門性の高い検査及び監督を常に行っています。
【用語】ETF投資(証券取引所で取引される投資信託)のリスク(危険性)は、概して(1)投資対象の価格変動にかかわるリスク(2)信用リスク(一部の取引の場合)(3)その他のリスク(上場廃止など事情が急変した場合など)がある。(2)については銘柄によっては非常に注意が必要です。
業としての金融商品取引業者としてやるべき義務は、精一杯の努力で金融庁からの指摘事項を減らすこと。そうすると結果的に、避けるべき「重大な違反」が発生する確率をめざましく改善するという目指すべき成績につながるという事実がある。
平成10年6月のことである、大蔵省銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るものを分離することで、総理府(当時)の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として新組織、金融監督庁ができあがったわけです。
これからも日本国内においては、どんな銀行でも、広くグローバルな規制等の強化も考慮し、これまで以上の財務体質の強化や企業同士の合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに積極的な取り組みが行われています。

 

リクルートカードTOPへ