page2記事一覧

もしも、投資などの勉強や情報収集がやりたくないとか、どうしても時間が少ない人は、金融の専門家に資金運用を任せるか、必要な勉強や情報収集がそこまでは重要ではない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)の売買を選ぶのが常識。【用語】「投機」の仕組み⇒取引する会社などがどのような業務内容・経...

外国で株式市場とか不動産に投資すると、株式などの投資を行った国のマスコミや市場で「外国人投資家」と偏見を込めて呼ばれて、折あるごとにその国の投資家の存在をしのいで動向がクローズアップされるケースもあるのだ。1日だけで何度も売買するという作戦の「デイトレード」。これに対して、2日以上10日程度までの短...

資産を運用して利益をあげようとすれば、誰でも危険性も背負う必要があるわけだが、千差万別な投資の種類や投資スタイルをきちんと選ぶ事で、いくらか危険性を避けることが実現可能なのだ。つまり金融の分野における投資の意義というのは所有する様々な資本を経済や経営活動を通じてリスクの存在する投資の対象に投入するこ...

【経済の基礎】スキャルピング:デイトレード(1日に複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法)のうちでも、さらに数秒単位や数分単位の間でわずかな値動きするのを認識したら売買も反対決済も行う手法のことを指して「スキャルピング」(scalping)というのである。金融当局である金融庁としては、原...

【金融用語】アセットアロケーションについて⇒投資配分は一度決定したものがおしまいではありません。組み立てたアセット(資産)アロケーション(配分)の状態をいつも調べ続けることが一番大切になります。ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)が自前でファンドを発売し、それを...

【常識】コール市場という用語は、銀行間取引のひとつで短期金融市場の代表といえる。この場合の「コール」は英語の「call」で、呼ぶとすぐ返事が返ってくるぐらい短期間の融資をするため、この名で呼ばれているのです。【経済の基礎】テクニカル分析は、株式や商品取引、為替等の取引において、これまでに出現した実績...

これらのチャート分析のみでの“株式投機”での取引は、必ず取引のチャンスが全てを握るのですが、投資家にとってこのタイミングを外してはいけないというのは至難の業です。西暦1998年12月のことである、総理府(当時)の外局として委員長は大臣とした機関、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は200...

【ポイント】ネット証券の登場があったことで取引に支払う売買などの手数料は、近年はなんと数百円くらいまで下がり、心置きなく誰でも取引および情報収集などが可能になったのです。【ポイント】金融ビッグバンの意味⇒20年近く前に日本で村山内閣が退陣した平成8年から小泉内閣が発足した2001年まで行われた全国的...

よくある株式投資に関連した企業や個人のサイトであったり、一般的に市販されている情報誌などでは、テクニカル分析(過去の動向から、今後の動きについての予想を行う分析法)が不可欠であるとして、分析に必要な各種チャートの分析方法や活用方法などのことを丁寧に図解しています。結論、「重大な違反」になるのかそうで...

Y2Kともいわれた西暦2000年7月、旧大蔵省より大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を移管させて平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に改編。翌2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったのである。麻生内閣が発足した平成20年9月の...