株主優待を受けるには、ある程度の条件が必要になるので注意してください。
基本的に株主優待を行使するには、株が必要になります。と言ってもお金のように使用するのではなく、あくまでも所有していることが大前提となりますので注意してください。株を一定枚数持っていることで、株主優待を行使することが出来るでしょう。だから、株といっても、一枚では行使することが出来ない場合がありますので注意してください。また、株を持っていたと言う過去形では本来ダメです。故に、株を売る行為をした場合、株主優待を受けられないでしょう。
そもそも株を所有しているということは、それなりにお金を使用したことになります。株を貰うことがありますが、基本的には金銭で獲得するので、株の所有自体が難しい場合がありますので注意してください。ちなみに、株はその会社が人気であれば人気な程値段が高くなるので、獲得が難しくなるので注意しましょう。故に、一定以上の株数を獲得出来ない場合がありますね。
このように株主優待を使用する条件があります。簡単に株を持っていれば良いのですが、それでもそもそも株を獲得する自体が難しいので注意してください。ちなみに、当たり前のことですが現在使用されている株でないと有効になりません。過去に会社が倒産状態から復旧したとしても、株が異なる場合がありますので注意してくださいね。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら