株主優待と言うのは、実際のところ必ずしないといけないことではありません。そういう法律はないので、優待自体発生するというのは少ないはずでしょう。海外なんかでは、この株主優待をしているところがほとんどないので、やっているところは日本がほとんどでしょう。では、なぜ日本は株主優待をするかという説明をします。
簡単に言えば、日本の場合は主に感謝や「これからもよろしくお願いします」という状態で株主優待をしていることがあり、優待が結構多いのです。また、優待をしてくれると言うことで、多くの人が株主になってくれるのではと言う策略もある場合があるでしょう。だから、日本の場合株主優待が発生しているのです。ただ、この株主優待には、いろいろと問題があるので注意しないといけません。今回は説明しませんが、その問題があることで本当にその株主優待があった方が良いのかが疑問に思う場合がありますので注意してください。
他の考えてとしては、株主優待によって自社の商品を使ってもらうと言う考えもあるでしょう。結構日本人は、新しいものを使用することがあっても、前からあるものは自分が愛用しているものしか使用しない傾向にあるので、株主優待で商品を送ると言うのは結構理にかなった方法かも知れませんね。
このような理由で日本では株主優待をしていることがあるでしょう。もちろん、他の理由もあると思いますので注意です。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら