低ローン金利は一見するとかなり良いものですが、デメリットもありますので注意してください。
低ローン金利のデメリットとして一番に上げられるのが、その数の少なさです。この魅惑の低ローン金利ですが、非常に数が少ないです。それも当たり前ですね。出す方としては、低金利だと利益は少ないので貸すはかなり難しいでしょう。故に、低ローン金利が使える会社がかなり少ないので注意してくださいね。また、低ローン金利があったとしても、期間限定と言う場合があり、いつまでも低金利でローンをすることが出来ない場合があるのも注意しましょう。
次に、低ローン金利をいいことに、ローンを作りすぎるということがあります。これは人によって異なりますが、人によって低金利中に沢山ローンをすれば良いと考える人が居るでしょうが、返済出来ないと意味がありませんので注意してください。ちなみに、会社によっては低金利時に支払いが出来ない場合、通常の金利に戻ると言うシステムを持っている場合がありますので注意しましょう。
このように低ローン金利のデメリットがありますので、これを考えて低ローン金利を組むようにしてください。うまく行けば良いローンを組むことができますが、考えなしだと後で大変なことになりますので注意です。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら