固定金利と変動金利を採用するときは、どちらにどの程度のメリットがあるのかを具体的に比較することは非常に重要です。なるべく余計な負担をしないためにも、相互にメリットを比較して、なるべく金利上でも余計な負担を感じないようにすることが望ましいといえます。無理な金利上の負担を感じるようになってしまうと、それが金利上に与える影響もかなり大きくなってしまいます。
負担を減らすためにも、固定金利と変動金利について、特に大きな買い物をするときはよく判断してください。固定金利でも、金融機関によって金利がずいぶんと違います。一般的にメガバンクの方が金利が安く設定されていますが、その分だけ審査が厳しくなってしまうというデメリットがあります。そのことを総合的に考えてどちらがより、金利上で有利に働くのかを判断することは望ましい結果につながります。長期的に金利上の負担をなるべく感じないように、金利についての正しい知識を持てるようにしておくことが望ましいでしょう。無理な金利は非常に大きな負担につながってしまうので、出来る限り注意を払うようにしておくことで、経済的な負担を減らすことにもつながります。きっちりとこれらの条件を検討しておくことにしてください。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら