住宅金利の変動・固定の金利の差を一般の住宅ローンを組む人はそれほど理解していないことが多く見受けられます。これは、将来的に金利に大きな影響を与える一つの判断基準でもあるので、そのことを十分に理解していないと、最終的に大きな失敗を生みだしてしまうことがあります。なるべく無理のない範囲で正確に理解を深めることによって、投資について、理解を深めることができます。
変動金利の方が、一面、金利は安く感じるものですが、その分だけ市場の金利への影響で金利が急激に膨らむリスクがあります。これは大きな住宅ローンなどになればなるほど、大きな失敗につながる危険性を含んでいるので、そのことを十分に理解してどこまで回避するべきか、という課題の一つとして捉えることが望ましいでしょう。
逆に固定金利の方が安心できるという面はありますが、現在のような低金利時代では、最終的に支払う金額は大きくなってしまうことになります。そうなってしまうと、最終的な金額的な負担は非常に大きなものになります。そのことを理解して、冷静に対応しなければ金利上の負担は非常に大きなものになってしまうので、まずはそのことを冷静に対応出来るようにしておくことが望ましいでしょう。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら