住宅ローンは初期の段階が最も金利の負担が大きくなってしまいます。この段階で変動金利を採用するのは、金利の負担を減らして、元金の返済を大きくするという考え方としては、非常に理にかなっている方法です。なかなか元金に対しての返済額はそれほど大きくならず、金利に対して支払っている部分が大きくなってしまっているデメリットがあります。これは首都圏であれば、賃貸料金に支払っているのか、自分の所有物になる物件のローンに支払っているのかという違いはありますが、やはりそれでも負担は決して小さいものではないといえます。
そのことを十分に理解した上で、どの程度まで負担を軽減できるのかを判断しなければ成りません。無理な変動金利を採用してしまうと、想像していなかった金利の情報などのリスクで返済額が急に大きくなってしまうことがあります。そのリスクを十分に理解して、どこまで投資ということを冷静に対応できるのかを判断材料にしなければなりません。無理な投資を進めることで、結果として余計な失敗を招いてしまうことになります。投資については、出来る限り冷静に無理のない対応を進めておくことで、住宅ローンも失敗を防ぐことができます。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら