一般的に日本人が借り入れを行うときには、おおよそ固定金利を使うことが多くなります。固定金利は、長期的な借り入れのときの金利がはっきりとわかるので、それに向けて借り入れに対する返済額などの計画を立てやすくなるというメリットがあります。それに対して変動金利ではそのような計画を立てられないために、なかなか市場に対して正確な判断が出来ないことが多くなってしまいます。変動金利を採用することももちろんありますが、これは住宅ローンなどかなり長期間の金利を借りるときになります。変動金利は、特に日本のように低金利時代が長く続いているときには有利な方法なので検討に値するといえます。
日本では、固定金利を採用する人が多くいますが、やはりそれでも固定金利にはデメリットもあります。特に住宅のように高額の商品を購入するときにはその影響は回避できないところがあるので、なるべくであれば、安定した収益を得られるようにしておくことが望ましいといえます。無理のない方法で、借り入れを失敗しないためには、自己の将来設計などに合わせて投資を進めていかなければなりません。そうしなければ、最終的にリスクを大きく被ってしまうことになるので、注意を払うことが必要です。

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら