株式は現在、手数料だけを見れば、窓口で購入する方が圧倒的に手数料が安くなって有利のように見えます。ただし、株式投資をする最終的な目的は「収益をあげること」であり、そのような観点からすると、従来から行われてきた、窓口で購入する株式の方法も決して悪いものとは言い切れないところがあります。株式を窓口で対応するようにすれば、少なくても、投資に関する情報を収集することができます。ある程度、投資についての情報を判断材料とすることが出来れば、その情報について、判断基準を持つことができます。
投資について、どこまで冷静に対応できるのかを、それらの窓口の情報から判断すれば、投資で失敗するリスクも自然と減らすことができます。
窓口投資では、アドバイスもある程度もらえるので、投資についてどういう判断基準で行えばよいのかを具体的に確認してみるのもよいでしょう。投資では予想外の失敗やリスクも内在的に存在しています。そのようなことを踏まえたうえで、どこで判断して投資を辞めるのかを見極めることも重要なことでしょう。失敗してからでは遅いということもあり、投資ではある程度、情報を収集してどこかで冷静な判断が出来るようになることが望ましいといえます。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら