page19記事一覧

かつて株式の購入の仕方といえば、窓口で対応してもらうか、一度登録して、電話で取引するのが一般的でした。ですが、現代では取引形態も増えたため、窓口以外でも簡単に取引が出来るようになりました。非常に効果的な方法であり、取引自体も増えてきたため、株式の需要は非常に多くなってきたといえます。現代では、インタ...

株の買い方をある程度知っておけば、次に重要になるのが「手数料」の問題です。株式を購入するときには、各証券会社で独自に手数料を設けており、同じ株を購入するのであれば、なるべく手数料が安い方がメリットが大きいといえます。手数料については、窓口で対応する方が手数料が高くなっているので、近年ではインターネッ...

株式の購入には、タイミングを見計らって購入するのが望ましいといえます。株式は、購入のときには、冷静に市場の動向を見て、なるべくロスのない方法で判断しなければ成りません。無理をすると、市場で取り返しのつかない動きをされてしまったことで、大きな損失を抱えてしまう可能性があります。市場の動向は、常に予想が...

かつて株式といえば「長期投資」という方法の一つと考えられていましたが、近年ではより投機的は「デイトレート」のような投資方法も目立ってきました。特に、ニューヨークの同時世界株安のように、突然の株式の乱高下には市場で大きなリスクを伴うことがあるからこそ、冷静に対処しなければなりません。失敗すると多大な金...

株式の買い方では、自分が短期取引で対応しているのか、長期取引を行っているのかということを冷静に理解して対応しなければなりません。この視点が抜けていると、市場で安定的な収益を生み出すことは不可能です。株式では、投資に伴いある程度のリスクがついて回ることはいたしかたないことなので、どこまでリスクを回避す...

近年、株式投資を始める人で人気がある方法にインターネットから購入する方法が目立ってきています。インターネットであれば、リスクがなく、安定した方法で収益を上げることが出来るということが特徴になっています。投資の方法としても、さほどリスクもないので、安心して対応することができます。実際に窓口で株式を購入...

株式は現在、手数料だけを見れば、窓口で購入する方が圧倒的に手数料が安くなって有利のように見えます。ただし、株式投資をする最終的な目的は「収益をあげること」であり、そのような観点からすると、従来から行われてきた、窓口で購入する株式の方法も決して悪いものとは言い切れないところがあります。株式を窓口で対応...

一般的に投資で購入できるのは公開されている株式です。ですが、サントリーのように非公開のまま、大手企業になったメーカーもあり、必ずしも非公開の株式がよくないとは言い切れないところがあります。非公開の株式は、小さなベンチャー企業でも同様です。これらの会社は資本金が1000万円に満たないことも珍しくなく、...

安定した収益をあげるための株式投資には、ある程度その株式について詳しくなる必要があります。株式の取引とは「情報戦」であり、どのような情報が市場にどのような影響を与えるのかを判断しなければなりません。決して、簡易的な情報では市場の動向の全てを知ることが出来ないので、だからこそ、安定した収益をあげるため...

株式投資は、安易に進めれば長期的に見れば手数料や心理的な圧力に負けてしまい失敗してしまいます。ただし、ある程度情報を持って臨めばそれほど大きな損失をせず、安定して少しずつ収益をあげることができます。この投資の方法については、自分でもある程度市場についての理解をしていなければ難しいという側面があります...