page18記事一覧

資産運用は、日本の低金利時代を迎えて非常にニーズが高くなってきた概念です。それまでは積極的に行われてこなかった分野ですが、近年ではかなり注目が高い部類の一つに入ってきました。賢く資産運用をすることで高いリターンが望めることはもちろんのこと、将来的にも高い運用率を期待することが出来るようになるでしょう...

近年の資産運用は,かつてのように資金がある程度なければ始められないものでもないですし、投資先も限定はされていません。国債や株式などの定番のほか、リスクがつきまとう先物相場以外にも、インターネットで在宅で取引できる投資先が増えているため資産運用の方法は広がっているといえます。ただし、実際にこれらの投資...

低金利時代を迎えて日本でも資産運用という価値観がかなりはっきりと認識されるようになりました。これまでは資産運用という価値観がそれほど認識がなかった人が多かったのですが、「資産は貯蓄から投資へ」という時代を迎えて多くの人が投資ということについてかなり前向きに捉えるようになってきました。無理なリスクを背...

資産運用を考える時「どのくらいリスクを負うのか」ということが問題になります。資産運用は銀行に預金するような「貯蓄」と違い、確実にリスクがつきまとっています。このため、最悪のケースを考えると資金をすべて失ってしまうこともありえます。そのようなリスクを覚悟して、どこまで資産を運用するのが望ましいのかとい...

人気のある資産運用は、情報も多く投資の仕方を学びやすいといえます。近年の資産運用では「投資信託」や「外貨取引」などが人気を集めており、日本でも投資を始める人のきっかけになっています。もちろん、政治情勢などによってはリスクもついてまわるため、この点に注意して賢い運用方法を始めなければ余計な失敗につなが...

年齢と共に資産運用をするには、色々と煩わしいこともあります。「資産に対するリスク」や「資産管理の方法」などはあまり意識していないことかもしれませんが、少なからずリスクが発生する方法といえます。これらのことを十分に検証して、もっともリスクの少なくする方法を検討することが望ましいリスクに対する対応をいえ...

リスクを減らす分散投資は「資金管理の手間」が面倒になってしまうといえます。どこにどのような金額を投資したのか、ということが分かりにくくなってしまうために、管理上の手間が発生してしまうことが少なくありません。そのことを十分に認識して、どの程度まできっちりと資産運用ができるのか、ということを正確に判断で...

投資には実際に目に見ることが出来ない金融商品や株式、債権などの投資方法のほかに、実物で投資する方法があります。これらには動産と呼ばれる、自動車、金などの投資に加え、不動産なども投資として考えることができます。実物の強さは「目に見える形なので投資が分かりやすい」ということがあります。実際に実物を手元に...

資産運用は、確実に「安定した利益をあげること」であり、リスクを多く内在している投機とは一線を画するべきです。ただ、一般の個人投資家にとってはこれらのリスクを見過ごしてしまうことがあるので、そのため余計に資金を失う結果になってしまうことがあります。資産運用では確実に安定した利益を得るためにも、投機のよ...

投資になると、貯蓄と違うのは「リスクを伴う」ということです。日本人は貯蓄ということに慣れてしまっているので、資産運用についてどのような危険性があるのか、あまり知らないことが多く見受けられます。確実にリターンがあがる投資運用というのは無いということを認識した上で、どの程度までリスクを被ることが覚悟でき...