金融緩和を行えば、確実に実物経済は好調になります。政府自体も銀行などに余計に資金を提供するので、銀行側としては、資金がだぶつく状態になるのでなるべく貸し出しを行って積極的にリスクを拾いにいく傾向があります。これは、株式市場などマクロ経済にも影響を与えますが、一般の生活の中でも経済で潤いが与えられるなど、生活の中でも反映されることがよくみられます。
ただし、金融緩和が発表されてから実物経済にまで影響を与えるにはある程度の時間が必要になってしまうため、すぐに景気がよくなるということはありません。周囲としては「期待感」はもちろん募るところでしょうが、それがすぐに経済に対してプラスに傾くかどうかは、その後の市場の動向にもかかっているといえます。
的確に市場に対して、どのような影響が与えられるのかを材料に取引することは、投資で利益を上げる中で非常に大切なことです。金融緩和は非常に大きな材料の一つでもあるので、そのことを十分に理解して安定した収益をあげられるようにしておくことが望ましいでしょう。無理な投資をしてしまえば、それが失敗の原因になってしまうので、実物経済が最終的には市場を支えているということを理解して投資を行うことが望ましいといえます。

 

リクルートカードのキャンペーンはこちらのページへ