過去には、金融商品の取り扱いで、大スキャンダルがあった例でいうと「エンロン」というエネルギー関連の金融商品を扱う会社で、アメリカ中を巻き込む金融商品の危機が発生しました。ブッシュ大統領政権下で発生した問題で、世界中のメディアを巻き込みました。
この問題は、現在も金融商品の在り方について問う問題として歴史に残っており、非常に重要なトラブルとして認識しておくことが望ましいといえます。
金融商品に関して、会計上のトラブルがあったことは、歴史上、アメリカの金融業界の信頼を揺るがす問題として記録に残っており、エネルギー産業の金融商品を作り出した会社が行った大スキャンダルであり、全米6位の金融業界の企業にもノミネートされた会社がこのようなトラブルを発生させるとは考えられていなかったので、非常に重要な問題として捉えられています。金融商品はこのように、まったく表に出てこないトラブルも実際に少なくないので、そのことを十分に踏まえて金融商品を扱わないと、余計な損失を被ってしまうことも可能性としては捨てきれません。金融については正しい知識を持って、適切に投資として考えることで、利益として出すことが出来るようになるのではないでしょうか。

 

リクルートカードのキャンペーンはこちらのページへ