page16記事一覧

日本ではかつては金融証券といえば、国債や株式など限られたものに限定されていましたが、インターネットの普及で金融商品の取り扱いが非常に増えたのが特徴です。これまで取り扱われなかった分野も積極的に取り扱われるようになったことがあり、金融商品は非常に複雑になり、一般の投資家にとっても手の届きやすい分野にな...

近年、インターネットの普及で金融商品の需要が増えてきました。FXなどがその代表に入るもので、手軽に投資が出来るということもあり、多くの人が市場に参加するようになってきたのが特徴です。簡単に投資が出来ることもあり、分かりやすいことが市場に参加する大きな原動力になっています。また、これからも新しい金融商...

外貨取引を自宅で簡単に出来ることから日本で爆発的に人気を誇っているのが「FX」です。短期間で大きな利益を出すことが出来ることが特徴になっており、これらは一般のサラリーマンや主婦など、金融商品に対してそれほど知識が無い人でも、簡単に市場に参加できることから、円安が進む時代には莫大な利益を手にした人も少...

FXと合わせて日本で人気が出た金融商品の一つに「バイナリーオプション」があります。これは、為替相場がどちらに傾くかを予想するだけでよいので、非常に一般の投資家にとっても市場に参加しやすいというメリットがあります。もちろん、市場を正確に予想することは不可能ですが、ある程度の「勝率」があれば、安定して利...

かつては投資の専門家しか取り扱うことが出来なかった専門性の高い金融商品も、近年では簡単に一般の小口投資家が取り扱うことが出来るようになってきました。これは、インターネットの普及によるところが大きく、非常に利便性に優れていることから、簡単に取引から決済までを済ましてしまうことができます。日本は特に、低...

過去には、金融商品の取り扱いで、大スキャンダルがあった例でいうと「エンロン」というエネルギー関連の金融商品を扱う会社で、アメリカ中を巻き込む金融商品の危機が発生しました。ブッシュ大統領政権下で発生した問題で、世界中のメディアを巻き込みました。この問題は、現在も金融商品の在り方について問う問題として歴...

金融商品を取り扱った大きな問題としてはサブプライムローンを端を発して問題になった、リーマンショックが有名です。実際にアメリカの根底を揺るがす大きな問題としてクローズアップされたこともあり、信頼の失墜の原因となりました。非常に重要な問題として、アメリカのみならず、成果中の金融経済に悪影響を与えたことで...

近年、新しい商品が日本でも次々に紹介されていますが、まだ商品についての知識や条件などについて知られていないことも多く、そのことについて十分な理解を持っておくことが望ましいといえます。金融商品に対しては、まだ理解していない部分も多くあるので、そのことを十分に踏まえたうえで、投資に対する理解をしておかな...

金融商品には投機的に短期で利益をあげるものもあれば、投資信託のように長期的に利益をあげるものもあります。長期的な金融商品は比較的運用成績が安定している国債などを複合的にからめた商品となっているので、安全性は高いものの、その分だけリスクも避けられないところがあるので、その点を十分に知ったうえで安全性を...

金融商品については、さまざまな商品があり、リスクについても不透明なところがあります。ただし、一般の投資家からはっきりとわかっているのは金融商品が生み出した利益についてです。これは過去の運用実績であり、未来もこのように安定した利益を生み出すという保障がないことを十分に理解して投資をしなければなりません...