株主優待を受ける上で、注意しないといけないのが持ち数です。これによってグレードが変わってくる場合があります。会社によっては1株でもOKなところがありますが、大抵1000ぐらいは無いといけません。さらに上記で説明したように、多ければ多いほど良いサービスがあったりします。無いことも有りますので、確認しておいて下さい。自分が望むものには、どのくらい必要かを調べておくといいでしょう。また、獲得自体が難しいこともあるので気をつけましょう。

 

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ