株主優待は、一見とてもよいものに見えます。しかし、色々な問題も含んでいるのです。まずは、実際に配当財源が無いにもかかわらず、この特典を貰うことが出来る事が挙げられます。これには規定が無く、曖昧だからです。しっかりと管理と体制を作りたいところですが、なかなか難しいのです。ちなみに後から購入しても、恩恵に預かれないことが有りますので注意して下さい。次に、株主平等原則というものがあるのですが、これに反している場合です。例えば、1000保有していれば、商品から10個獲得できる、1万なら100個貰えるというサービスが有るとします。その時仮に10万あればいくらいただけるのでしょうか。 答えは百個です。なぜなら、この会社では一万までの場合しか決められていないからです。他にも9999のときは1000の優待に含まれてしまいます。このように平等に反する状態になっていることがあるのです。問題を抱えていることも知っておいて下さい。今後、修正されることを願うばかりですね。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ