銀行によって、借入の際の金利は違ってきます。それは、変動や固定であっても同じです。ある程度最初に確認しておくと良いでしょう。よく調べずに借りてしまうと、経済的に大きな負担になることもあります。例えば住宅ローンなどの長期間にわたるものだと、1パーセントの差でも総額では100万円をゆうに超えることも少なくはないのです。そのことを十分に理解しておきましょう。そして、どの程度までなら大丈夫かを判断するといいでしょう。固定にせよ変動にせよ、どちらもなるべく利息が安いところで借り入れできることが望ましいです。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ