一般に住宅ローンを組む人には、その金利の変動・固定の差をそれほど理解していないことが多いようです。しかし、将来的には大きな問題になりかねないため、十分に知っておく必要があるのです。そうでなければ、後々の失敗にもつながりかねません。出来る範囲でいいので、投資について理解を深めていきましょう。
さて、前者のほうが一見安く感じられますが、その分市場からの影響
を受け、利息が急激に膨らむというリスクを持っています。そのことを十分に理解して、どこまで回避するべきかと考えておきましょう。逆に後者はずっと変わらず安心できます。しかし、現在のような低金利時代では、最終的な支払額が大きくなってしまいます。どちらがいいのかを、冷静に考えて判断しましょう。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ