住宅金利は、固定か変動か非常に悩むところです。なるべく冷静にどちらがいいのか、判断しなければなりません。間違ってしまうと、プラスには働きません。短期的に見れば後者の方が、利息は安く設定されており得だと思います。しかし必ずしもそうではありませんので、注意して下さい。長い目で見れば、危険もあるのです。このことを踏まえておきましょう。また、どの程度であればリスクを背負えるのかをじっくり考えることが望ましいです。それに見合うだけのペイがあるか、将来設計と合わせて検討しましょう。そして、それらは市場に委ねられているということも覚えておきましょう。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ