一般的に日本人が借り入れを行うときには、固定金利を使うことが多いでしょう。これは、利息がはっきりとしており、最終的な返済額もキッチリとわかります。ですので、今後の計画を立てやすくなるというメリットが有ります。それに対するのが、変動金利です。こちらは、住宅ローンなどかなり長期間のものに採用されていることが有ります。なかなか正確な判断ができないことが多くなってしまいますが、今のように低金利時代が続いている時には有利な方法ですので、検討してみるのもいいでしょう。どちらにもそれぞれのデメリットが有り、特に高額の商品を購入するときには、その影響を回避できません。無理なく借り入れをするためには、将来設計などに合わせて投資を進めていかなければなりません。最終的にリスクをかぶることがないように気をつけたいですね。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ