固定と、変動の金利では、およそ1〜2パーセント程度の差があります。これは、日常の買い物などではそれほど大きなものには見えません。しかし、住宅などのように高額になると、かなりの影響が出てきます。また、長年ローンとして組むなら特に注意を払う必要があります。無理をすると、いずれそのツケが回ってくるでしょう。そうして支払いができなくなってしまい、いわゆるサブプライムローンのような結果になってしまいます。また、市場でも同じことが言えるのです。何がどの程度の影響をあたえるかを冷静に判断出来るようになりましょう。安定した収益を上げるには、これらの概念について十分理解しておくことが望ましいのです。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ

page10記事一覧

一般的に日本人が借り入れを行うときには、固定金利を使うことが多いでしょう。これは、利息がはっきりとしており、最終的な返済額もキッチリとわかります。ですので、今後の計画を立てやすくなるというメリットが有ります。それに対するのが、変動金利です。こちらは、住宅ローンなどかなり長期間のものに採用されているこ...

住宅金利は、固定か変動か非常に悩むところです。なるべく冷静にどちらがいいのか、判断しなければなりません。間違ってしまうと、プラスには働きません。短期的に見れば後者の方が、利息は安く設定されており得だと思います。しかし必ずしもそうではありませんので、注意して下さい。長い目で見れば、危険もあるのです。こ...

住宅ローンは、初期の段階が最も利息の負担が大きくなってしまいます。そこで変動金利を採用する人がいるのです。これは、元金の返済も大きくなりますし、非常に理にかなっています。しかし、デメリットも有るのです。そのことを十分理解しておかなければなりません。無理に採用してしまうと、後々想像もしていなかったリス...

一般に住宅ローンを組む人には、その金利の変動・固定の差をそれほど理解していないことが多いようです。しかし、将来的には大きな問題になりかねないため、十分に知っておく必要があるのです。そうでなければ、後々の失敗にもつながりかねません。出来る範囲でいいので、投資について理解を深めていきましょう。さて、前者...

固定と変動を選べる金利というのは、基本的に自動車を購入するときに使う、マイカーローン以上の金額が対象となります。これらはどうしても高めの利息がつきますので、経済的にもかなり大きな負担となってきます。それをできる限り減らすために、どちらかを選択するのです。条件も変わってきますので、出来る限り冷静に見極...

金利を選ぶとき、固定であるか変動であるかを選びます。その時に、どちらにどの程度のメリットがあるのかを、具体的に比較しておきましょう。余計な負担を減らすためにも、大切なことなのです。特に大きな買い物をするときには、的確に判断して下さい。また、金融機関によっても随分と異なってきます。一般的にはメガバンク...

銀行によって、借入の際の金利は違ってきます。それは、変動や固定であっても同じです。ある程度最初に確認しておくと良いでしょう。よく調べずに借りてしまうと、経済的に大きな負担になることもあります。例えば住宅ローンなどの長期間にわたるものだと、1パーセントの差でも総額では100万円をゆうに超えることも少な...

金利の負担を考えて、固定にするか変動にするかを選択することは、とても重要なポイントです。長期的に見て、どちらのほうがよりよいかを冷静に判断しましょう。自分に合わない無理な利息は、時間を負うごとに大きな打撃となってくるでしょう。なるべく安定した借り入れができるように、条件をしっかりと見て判断して下さい...

マイカーや住宅などのローンは、割と大きな負担になります。特にどちらも所有している場合、支払いの総額は小さな額ではありません。そのことをまず十分に知っておきましょう。そして、どの程度なら経済的に回っていけるかを算出しておくことが望ましいです。無理をすると、後々までつらい思いをすることになるでしょう。ま...