株式の手数料だけを見れば、インターネットで購入する方が圧倒的安くなって有利のように見えます。ただし、あくまでも最終目的は「収益をあげること」であります。そのような観点からすると、従来から行われてきた窓口を利用するのも決して悪いては言い切れません。ここならば、情報を収集することができるからです。多く集めれば、判断基準にもなります。そこから冷静に対応していけば、失敗する危険性を減らしていけるでしょう。さらに、アドバイスなども多少もらえるので、具体的なことを質問し確認してみるのもいいでしょう。予想外のリスクも内在しますので、それを踏まえた上で、どこまでするのかを見極めましょう。失敗してからでは遅いのです。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ