株式に対して自分の取引が、短期的なのか長期的なのかということを理解しておきましょう。この視点が抜けていると、市場で安定的な収益を生み出すことは不可能です。投資には、ある程度のリスクがついて回ります。それをどこまで回避するのかを、判断しなければなりません。さらに、将来にはまだ予想できない内在的危険が存在します。そのことを、十分に考慮していなければならないのです。無理をすれば、すぐに損失につながることも珍しくありません。冷静に対応することを心がけ、余計な失敗を招かないようにしましょう。貯蓄に比べリスクがあるからこそ、最終的にどうすれば利益が得られるかをよく検討して取り組むことが望ましいのです。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ