かつて株式といえば「長期投資」と言う考え方が根付いていました。しかし、近年では投機的な「デイトレート」という方法も目立ってきました。ニューヨークの同時世界株安のように、突然の乱高下は大きなリスクを伴います。そのような市場では、どちらに天秤が傾くかその時点で正確に予想することは不可能です。慌ててしまえば、大きなミスや失敗につながります。自己資金を確保して、冷静な判断が常に出来るようにしておきましょう。そうれなければ、安定した収益を期待することは出来ません。また、確実に一定程度のリスクを背負うことを念頭に置き、正しく対処できるように心がけましょう。失敗すると、多大な損失を招いてしまうことも珍しくありません。あえてそのような市場に参加しないというのも、ひとつの方法です。

 

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ