投資が貯蓄と違う点は、「リスクを伴う」ということです。日本人に広まってきたのはここ最近であるため、どのような危険性があるのかあまり知られていないのが現状です。確実にリターンがあるものはないのだということを認識した上で、どの程度までリスクをかぶる覚悟があるかで判断していくことが望ましいでしょう。そうでなければ、余計な失敗をしてしまうことも珍しくありません。無理をすると失敗してしまいますが、着実なものも有ります。長期的な目を持って取り組めば、安定した利益を得られるでしょう。将来のために何が出来るのかを考え、資産の管理を行いましょう。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ