資産運用を考える時「どのくらいリスクを負うのか」が問題になります。これは、銀行に預金するような「貯蓄」と違い、危険がつきまといます。最悪の場合、全てを失う事もあり得るのです。それを覚悟して、どこまでするのかを判断しなければなりません。長期的に考えるのであれば、まずはまずは自分の人生設計に合わせてみましょう。どこまでのリスクなら負えるか、収益が出たら何に活用するかを検討してみて下さい。はっきりしたビジョンがなければ、安定した運用は難しいでしょう。それに、余計な失敗で大きな損失を生むことも珍しくありません。自分で明確な目標を立てて、続けていきましょう。

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ