page8記事一覧

資産運用は、これまでは積極的に行われてこなかった分野です。しかし、日本が低金利時代を迎えて非常にニーズが高まってきました。賢く行うことで、高いリターンが望めるのは勿論、将来的な運用も期待できるでしょう。しかし、ある程度の知識がなければ、難しいこともあります。何が必要になってくるのかを、冷静に判断でき...

近年の資産運用は、その敷居が低くなっています。かつてのように資金がある程度なければ出来ないこともなく、投資先も限定されていません。国債や株式などの定番や、リスクがつきまとう先物相場以外にも、インターネットがあれば在宅で出来るものが増えています。ただし、実態を知らないで行ってしまうと、「表面的に内在し...

低金利時代を迎えて、日本でも資産運用に価値を見出す人が増えてきました。これまでは、それほど認識されていなかったのですが、「資産は貯蓄から投資へ」という時代を迎えています。無理なリスクを背負うことはありませんが、多少の危険がつきまとうのを覚悟して利益をうみだそうと考えるのです。正しい判断が出来る目を養...

資産運用を考える時「どのくらいリスクを負うのか」が問題になります。これは、銀行に預金するような「貯蓄」と違い、危険がつきまといます。最悪の場合、全てを失う事もあり得るのです。それを覚悟して、どこまでするのかを判断しなければなりません。長期的に考えるのであれば、まずはまずは自分の人生設計に合わせてみま...

人気のある資産運用は情報も多く、やり方を学びやすいといえます。近年では「投資信託」や「外貨取引」などが人気を集めており、始める切っ掛けにもなっています。もちろん、政治情勢などによってはリスクもついてまわるため、この点に注意しておかなければ余計な失敗につながってしまいます。将来的にどのような利益を生み...

運用は年齢とともに、煩わしく感じてくることもあるでしょう。しかし一度考えてみて下さい。「資産に対するリスク」や「資産管理の方法」などあまり意識していないかも知れませんが、少なからずリスクが発生します。これらのことを十分に理解して、危険の少ない方法を検討しましょう。色々と知識を得ることによって、どれが...

リスクを減らす分散投資は「資金管理の手間」がかかります。どこにどのような金額をつぎ込んだのかが、一見わかりにくいのです。そのことを十分に認識して行いましょう。予期しないリスクが内在していることも知っておきましょう。そして長期的に、何が大きなリターンを生む方法なのかを理解していきましょう。予期せぬ自体...

投資とは、実際に目で見ることが出来ない金融商品や株式、債権などと、実物があるものの2種類に分かれます。後者は動産と呼ばれる、自動車、金などに加え、不動産なども含まれます。利点としては、「目に見える形なので投資が分かりやすい」ということがあります。実際に手元に置いておけるというのは、社会情勢に関わらず...

資産運用とは、確実に「安定した利益をあげること」であり、リスクを多く内在している投機とは一線を画するべきです。一般の個人投資家では、その危険を見過ごしてしまうことが有り、そのため余計な資金を失う結果となるのです。安定した収益を得るためにも、冒険は避け他方が無難でしょう。ハイリスクハイリターンは上手く...

投資が貯蓄と違う点は、「リスクを伴う」ということです。日本人に広まってきたのはここ最近であるため、どのような危険性があるのかあまり知られていないのが現状です。確実にリターンがあるものはないのだということを認識した上で、どの程度までリスクをかぶる覚悟があるかで判断していくことが望ましいでしょう。そうで...