金利や借り借入金額に基づいて色々計算してから、住宅ローンは利用することが大事です。きちんと全額支払うためにも、年収のうちどのくらいを支払いに回せるか、月々の返済負担がいくらになるかは大事なところです。分譲マンション購入時にも住宅ローンのシミュレーションをすることになりますが、問題点があるといいます。マンションや家を買う時は、業者のほうが住宅ローンの計算書をつくってくれることが多いですが、多くの場合、金利がより低い変動金利でシミュレーションをしてくるといいます。計算結果を、金額を少なめにできるからです。メーカー側が提示した計算書を見て、この金額であれば返済が可能だろうと判断するのは早計な話かもしれません。変動するはずの金利が変動しないものとして計算されているからです。将来的に金利が上がったときに、住宅ローン金利も一緒に上がるというリスクを含んでいるのが、変動金利の特徴です。逆に、金利があがっても今の金利を据え置く代わりに、現時点での金利を高くするのが固定金利です。20年先、30年先に金利がどうなっているかは誰にもわかりません。未来の金利予測ができない中で、変動金利に基づいた計算をすることが、変動金利の難しいところです。今から家という大きな買い物をするとなると、判断が難しくなるのが人間です。業者側が提示してきたローン計算書だけで判断するのだけはやめておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

リクルートカード評判.net