新規のクレジットカードを希望しても、ブラックリストに掲載されている間は断られることがあります。金融機関の中では、一定の条件を満たした人であれば、ブラックリストに入っていてもカードが発行されます。例えば大型ショッピングサイト系列のネットバンクのクレジットカードです。クレジットカードの審査が、ブラックリストに名前がある間も可能だったというブログの情報も目にします。人によっては、ブラックリストに掲載されている状態で、デビッドカードを発行してもらえたという話もあります。デビットカードはクレジットカードと違って、決済が購入時にすぐにされる為、銀行口座にお金が残っていないと支払う事ができないシステムになっています。銀行のATMでお金を引き出す時と同様に、口座に入っているお金までしか、デビットカードは使えないわけです。デビットカードで決済をしたくても、残高が不充分であればカード決済は不可能です。デビッドカードならばクレジットカードと違って、ブラックリストに載っていても、カードを利用して購入することができます。口座残高が少なければ、デビッドカードを使っての決済は小口にならざるをえません。まだブラックリスト入りの期間が終わっていなくても、金融会社によってはカードを発行します。利用が制限されるデメリットがあるので、やはり、ブラックリストに載らないように計画性のあるクレジットカードの利用をしたいものです。

 

 

リクルートカード評判.net