いつまでブラックリストに入っているかが、クレジット発行では大事です。ブラックリストに名前が掲載されている期間は、返済トラブルの具体的な内容によります。期間が長ければ長いほど、クレジットカードも作れないわけですから何かと不便だと思います。ただし、既に持っているクレジットカードをカード決済に使っているだけなら問題はありません。カードを使っての支払いや、ホテルの予約、インターネット通販での決済、海外からお金をおろす作業などは、これまでどおりできます。クレジットカードは、かなり私たちの生活に密着しています。クレジットカードを新しくつくろうとしても、ブラックリスト入りしているために審査で断られていると、不具合が生じることがあります。日本国内にある信用情報機関は何社がありますので、いつまでブラックリストに名前が残っているかはまちまちのようです。クレジットカード会社のほとんどが加入していると言うシーアイシーという信用情報機関について調べてみました。CICで扱われている事故情報は、任意整理5年、返済遅れで5年、自己破産で7年間は保持されてます。滞っていた返済や、任意整理の手続きが終わってから、5年、7年とカウントします。ブラックリストに載っている期間やクレジットカードが作れる状態になるまでの期間を信用機関に問い合わせをして確認する場合は身分証明書が必要になりますので注意しましょう。

 

 

リクルートカード評判.net