クレジットカードを新規に発行してもらおうとして、ブラックリストに入っている人には無理な相談です。ブラックリストとは、果たしてどのようなものを指すのでしょう。実際のところブラックリストというものは、金融機関がそれぞれに作っているわけではありません。信用情報を扱っている会社があり、金融会社は審査の際にそこに情報の提示を求めます。ローン返済でトラブルを起こしたことがないか、破産していないかなどを情報会社から取得します。借り入れや返済に関する信用情報などについてかかれたものが、通称ブラックリストと呼ばれているわけです。ブラックリストに名を連ねた人は、ローンの利用が難しくなります。新しくクレジットカードをつくろうとしても、信用情報で自己破産や任意整理、強制解約などの経歴がある人は、カードがつくられにくくなります。載っている期間はお金を借り入れる事もクレジットカードによるショッピングもできないようになってしまいます。クレジットカードをつくるのは、ブラックリストに載っていた情報が消えるまで待たなければならないてしょう。ブラックリストに乗っていた客をどこまで断るかは、金融会社次第です。ブラックリストに載ってしまっているならば、クレジットカードを作る、作らないは別にしても、少なくとも何年間でその情報が消えるようになっているのかを確認したほうが良いです。

 

 

リクルートカード評判.net